Loading

2017年 年頭所感

「カスタマーセントリックの成熟を目指す」

 

ケルヒャー ジャパン株式会社
代表取締役社長 佐藤 八郎

謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

さて、昨年を振り返りますと、対前年で二桁成長の売上を達成することが出来ました。特に家庭用製品で大きく数字を伸ばすことができ、数年来取り組んできた新たな顧客層の開拓が成果として現れつつあると感じております。2020年に向けた経営戦略においても飛躍の足がかりを確かなものとする一年となりました。当社に関わる全ての皆様方に心より御礼申し上げます。

業務用製品では、ビルメンテナンスや製造業を中心とした業界別のターゲットグループ営業の強化や、インダストリアル向けの大型製品など新市場の開拓にもチャレンジした一年でした。
また、ビルメンテナンスサービス業界の国際フォーラムである「世界ビルメンテナンス大会」が東京で開催され、ダイヤモンドスポンサーとして大会運営をサポートさせていただきました。ワールドワイドなビルメンテナンス業を牽引する清掃機器のリーディングカンパニーとして、今後の業界発展に貢献する想いを新たにいたしました。

家庭用製品では、幅広い生活者にケルヒャーブランドを浸透させるべく、特に主婦層をターゲットにしたインドア製品の訴求を強化しております。スチームクリーナーはラインナップを一新し、アクセサリーも改良するなど、お客様の視点でわかりやすさ・使いやすさを向上させました。
さらに店舗営業や新規の販売チャネル開拓も強化し、お客様と製品とのタッチポイントを増やす取り組みをスタートいたしました。

社会が変化していく中、会社も大きな転換期を迎えております。本年は、飛躍のターニングポイントとなる横浜への本社移転を控え、当社にとってエポックメイキングな一年になると考えております。今一度初心に帰ってカスタマーセントリック(お客様中心主義)を成熟させていく所存でございます。既成概念に囚われることなく常に改善を当たり前にする組織をつくり、妥協することなくより質の高いサービスをお客様に提供し続ける社会的価値の高い企業づくりを目指してまいります。

今後も、皆様の一層のご指導、ご鞭撻を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

president_2016_406x470