持続可能なケルヒャー製品

CO2低排出の生産、環境を意識した材料選択、エネルギーと水の節約など、清掃やお手入れのための製品は、さまざまな観点から持続可能でなければなりません。ケルヒャーの場合、責任ある企業の姿勢として、製品の開発から生産チェーンおよびサプライチェーン、そして適切な廃棄処分にいたるまで、広範囲にわたり持続可能性を確認しています。つまり、私たちの責任は工場の門を出ればそこでおしまいではないのです。

ケルヒャーにおける製品サステナビリティ

価値の維持と長期利用のための貢献

今日の消費者は、物を買うとき、さまざまな重要な問いを投げかけます。この製品はどこで、誰によって、どのような条件のもとで製造されたか?どのような材料で作られているか?使い終わればリサイクルできるか?製品はどのくらい効率よく働くか?こうした関心を、私たちは真剣に受け止めています。

ケルヒャーは、家庭のため、またあらゆる事業・産業のために、清掃ソリューションを提供します。清掃には水や電気や洗浄剤を消費する側面はありますが、その一方で、ケルヒャーの技術は建物や機械の価値を維持して長期間利用するために大きな貢献を果たします。それには、サステナビリティに関わる多くの事柄が隠れています。

高圧洗浄機、バキュームクリーナーにおけるサステナビリティのさまざまな側面について、ここで詳しくご紹介します。

製品 サステナビリティ クラスター 水

節水

今日、責任をもって水という資源を取り扱うことが、かつてないほど重要性を増しています。この問題に対して、私たちの技術はどのように貢献できるでしょうか。洗浄機器は、水の消費量を減らすためにさまざまな方法で役立つことができます。例えば、車両洗浄機のリサイクルシステムでは、使用した水の最大85%を回収・精製して、次の洗車工程に利用します。高圧洗浄機は洗浄能力が高いため、通常の園芸用ホースで作業した場合と比べて水を約80%節約できます。庭園用ポンプを使えば、雨水を家庭での散水に利用することができます。以下に、印象的な例をご紹介します。(日本では未発売です)

水精製システム WRB 4000 Bioは、微生物を利用した排水浄化システムで、環境にやさしい自然な方法で車両洗浄機の排水を浄化します。この装置では、1時間あたり最大4,000リットルの水を処理でき、最大98%を匂いのない清浄な用水として水循環回路に戻したり、法規定に適う水準で下水に流したりできます。その際、排水内の洗浄剤と乾燥促進剤は、凝集剤やその他の化学薬品を使用することなく、確実に分解されます。

水の確実なリサイクルは、次の4つのステップに分けて行われます。まず汚水槽で、溶解していない浮遊物や粗い固形物を捕捉して沈殿させます。次の水槽には微生物がいます。この微生物が、溶解した有機物、例えば油、脂肪、界面活性剤をほぼ完全に分解します。第3のステップでは、水は地表の二次浄化工程に送られ、溶解した無機質の余剰汚泥などの残留物質が濾過されます。最後に、リサイクルされた水はタンクに集められ、次の洗浄のために供給されます。

WRB 4000 Bio

車のデザインは複雑になり、顧客の要求は厳しく、車両洗浄機に求められることはますます多くなっています。石油会社やガソリンスタンド、自動車販売店が、多数の車両を洗車する場合でもプレミアムなサービスを顧客に提供しようとするなら、高性能の装置が求められます。ケルヒャーのロールオーバー式車両洗浄機 CWB 3 Klean!Star iQは、節水機能が標準で装備されており、洗車時に水はたった20リットルしか必要としません。これにより、天然資源である水は節約され、運転経費も抑えられます。

Klean!Star 製品 ヘッダー

ケルヒャーの高圧洗浄機を使えば、通常の水道ホースで洗浄した場合と比べると、1時間あたり最大3,100リットルの水を節約できます。これはおよそ80%の節水になります。高圧洗浄機は汚れの除去性能と洗浄効率が高いため、水の使用量が大幅に減らせます。つまり、洗浄が手早くできて時間がかからないうえ、水とエネルギーも節約できるのです。

節水を支えているのが、特許取得済のノズルテクノロジーと、個々の製品の性能に合わせた的確な調整です。これにより、より良い効果が迅速に得られます。さらに、ほとんどの製品で原水をそのまま利用できます。高圧洗浄機は、雨水タンクなど既存の貯水槽から水を吸い上げるだけで使用できます(別売のフィルターを使用)。飲料水を使う必要はないため、環境にやさしく、水道がなくても利用できます。

製品 サステナビリティ 水 - 高圧水

例えばBP Gardenなどのブースターポンプがあれば、井戸水や雨水を使って家や庭を簡単にお手入れできます。家庭用水自動供給装置 BP Home & Gardenは、井戸水や雨水をくみ上げて自動的に家屋全体に供給します。バレルポンプ BP Barrel、タンク用ポンプ BP Cistern、深井戸用ポンプ BP Deep Wellは直接、水中で作動します。

ヘッダー 保証

フロアクリーナー FC 7コードレスは、湿った汚れから乾いた汚れまで、日常のあらゆる汚れを一度の作業で取り除きます。そのため、床を拭く前にバキュームクリーナーで埃を吸い取る必要はありません。従来のようにモップとバケツで掃除するのに比べると、このフロアクリーナーの場合、60 m²の床面積で最大90%の節水が可能です。

FC 7コードレスには、互いに逆回転する4つの洗浄ローラーがあり、この洗浄ローラーに水と洗浄剤が常に供給されます。ローラーは、家庭で出るどんな汚れも確実に取り除き、前進時にも後進時にも床を拭き取ります。

製品 サステナビリティ 水 - fc7
製品 サステナビリティ クラスター エネルギー

エネルギーを効率よく利用

ケーブル式、バッテリー式、エンジン式など、どのような方式の動力供給の製品も、ケルヒャーでは製品のエネルギー効率を常に改善し続けています。洗浄機における重要な開発のひとつに、ケルヒャーeco!efficiencyモードがあります。このモードでは、最善の効率結果になるように洗浄機の機能が自動的に制御され、運転中でも切り替えることができます。これにより、エネルギーと水と洗浄剤の消費量が削減されます。具体的な例として、以下をご覧ください。

ケルヒャーの床洗浄機では、数多くのシリーズにeco!efficiencyモードが搭載されています。このモードに切り換えると、ブラシ回転数と吸引力が低下しますが、軽い汚れにはまったく十分なレベルです。eco!efficiencyモードでは現在、エネルギーは最大30%、水と洗浄剤は10%節約でき、大幅な省エネを実現した上で納得できる洗浄結果を得ることができます。

床洗浄機

温水と高圧を用いて、水消費量を大幅に減らしながら同等の洗浄結果をあげることができます。さらに、温水高圧洗浄機にはeco!efficiencyモードが搭載されています。このモードでは、水温は60℃に調整されます。なぜなら、ほとんどの洗浄作業にはこの温度で十分だからです。温水高圧洗浄機のバーナーは非常に効率がよく、環境にも配慮しています。このことは、業務用の床洗浄機や高圧洗浄機の主要メーカーで作る業界団体「EUnited Cleaning協会」によって証明されています。ケルヒャーは、EUnited Cleaning協会の認証を取得した、世界で最初の清掃機器メーカーです。

認証には数多くの基準があります。使用するバーナーは、きわめて高い効率を示さなければならず、それと同時に、煤と一酸化炭素の排出量も非常に低い基準値を満たしている必要があります。この両方を兼ね備えれば、とりわけ環境にやさしい機器となります。有害物質の排出が少ないばかりでなく、エネルギー消費が少ないので運転コストも低下します。

1260_HDS_trailer

eco!efficiencyドライクリーナーは、電力消費量を40%減らしながら、通常のドライクリーナーと比べて98%の吸引性能を達成しています。日々の定期的な清掃には十分な性能です。しかもeco!efficiencyドライクリーナーでは、騒音が半分に抑えられ、その違いは測定で分かるだけでなく実感できるレベルです。さらに、バッテリー式のクリーナーでは、強力な清掃性能はそのままに、作業できる時間が長くなっています。

eco!efficiency

ケルヒャーのウォーターサーバーは、水の濾過と冷却、または炭酸の混合に要するエネルギー消費量を、従来の機器と比べて大幅に削減しています。上位機種のスタンバイモードを使えば、どのケルヒャーウォーターサーバーでも作動時間が個別に調整できるので、利用しない日、例えば週末には、エネルギー消費量を最低限(0.5ワット未満)にまで抑制できます。エコモードを有効にすることもできます。このモードでは、例えば温水の場合、ボタンを押すと必要な分だけその都度加熱され、常に高温に維持されることはありません。冷水の場合は、長時間使用しないときは冷却を弱くして、冷水の保管に要するエネルギーを同様に抑え、エネルギー消費量を削減しています。

さらに、水道直結式のウォーターサーバーでは、CO₂の排出が大幅に低下します。水をわざわざ遠くからトラックで運んでくる必要がないからです。ケルヒャーのWPDモデルの場合、通常の使用方法で、ガロンボトル式システムと比べて約80%、ボトル入り飲料水と比べると実に約90%のCO2排出を削減しています。ボトル入り飲料水に対する利点としてはさらに、使い捨てプラスチック容器が不要であるという点も挙げられます。

01_DFH_1904_WPD_Landingpage_Aktionsseite_Modul_D_3000x1500Px

ケルヒャーの交換式バッテリー「バッテリーパワー」は、18Vバッテリープラットフォームの数多くの機器で適切に使用できます。LCDディスプレイを用いた「リアルタイムテクノロジー」により、どんな機器を利用していても、残りの作業可能時間、残り充電時間やバッテリー残量が常にひと目で分かります。

家庭では、バッテリー機器は毎日使うわけではありません。また園芸用機器は冬にはほとんど使用しません。保管モードにしておけば、長期間使用しないままガレージに置いていたとしても、バッテリーの長い耐用期間が保証されます。長期保管には70%のバッテリー残量が理想的です。バッテリーパックを70%以上のバッテリー残量で保管し、21日以上使用しなかった場合、自動的に保管モードが起動し、70%まで部分放電されます。

バッテリーパワー
製品 サステナビリティ クラスター エミッション

排出の削減

屋内で使用し、さらに機器のすぐそばで作業しなければならない場合、空気を汚す物質や騒音などの排出の削減、または排出をゼロにすることが大切です。例えばバキュームクリーナーの場合、吸い込んだ埃を確実に捕まえて、クリーナーから外に漏らさないことがとても重要です。他の分野、例えば芝刈機や電動のこぎりの場合、エンジン駆動式の機器を電動機器に取り替えれば、直接排出をなくすことができます。ケルヒャーでは、効果的なフィルターシステムを製品に採用するほか、バッテリープラットフォーム機器などのエミッションフリー製品の提供を行っています。

排気ガスなどの大気汚染物質を予防するには、そもそもそれを発生させないことが一番です。ケルヒャーの屋外電力供給機器がその好例です。これらの機器は36Vの高出力を誇り、また長時間使用可能なため、落ち葉集め用のリーフブロワーや植木用の電気バリカンなどで作業をする際に残り駆動時間などを心配する必要がありません。同時に、使用者は低騒音かつ排出なしで作業でき、また人間工学的にも優れています。

OPE_Campaign_Header_1260x456.jpg

ケルヒャーのバッテリーパワープラットフォームがあれば、ご家庭でエミッションフリーのフレシキブルな作業が可能です。バッテリー駆動の園芸用機器や清掃機器は、煩わしいケーブルもなければ、うるさいエンジンもなく、いつでもどこでもすぐに使えます。ケルヒャーの「リアルタイムテクノロジー」のおかげで、バッテリーの残量を常にひと目でチェックできます。一体型のLCDディスプレイには、現在のバッテリーであと何分作業できるかが表示されます。充電器に置くと、バッテリーのディスプレイに残り充電時間が分単位で正確に表示されます。

バッテリーユニバース 18 V

工事現場、作業場、あるいは工場の生産プロセスなど、大量の粉塵が発生する作業はたくさんあります。労働保護要件を満たし、負荷を可能な限り抑えるためには、さまざまな予防措置を講じなければなりません。目標は、作業環境をできる限り粉塵のない状態に保つことです。特に問題なのが、花粉、石英、カビ、ウイルス、アスベストを含む粉塵です。

安全バキュームクリーナーは、そのような粒子を確実に捕捉して廃棄できるように設計されています。微細な粉塵粒子を捕捉し、再び周囲の空気にまき散らされるのを防ぐ役割を果たしているのが、フィルターです。粉塵量が多いと、フィルターに粉塵が詰まり、吸引能力が大きく低下するおそれがあります。そのため、安全バキュームクリーナーはフィルタークリーニングシステムを装備しています。

全自動のフィルタークリーニング機能によって微細な粉塵が大量に吸引されますが、その際には作業の中断も吸引力の低下も生じません。ケルヒャーは、安全バキュームクリーナーにも、さらに進化したTactシステムを採用しており、フィルターは気流の急激な反転によって自動的にクリーニングされます。

NT 30/1 Tact Te アプリケーション

騒音も、低減が必要な排出のひとつです。そのため私たちは、騒音の大きさと種類の両方について、機器の最適化を図っています。K 2 サイレント高圧洗浄機は、従来モデルと比較して騒音が10dB(A)小さくなっています。人間の耳には騒音が半減しているように聞こえます。さらに、周波数スペクトルを調整し、残った騒音の不快感も大幅に低減されています。これは、特殊ポリウレタン消音材などの革新的なプラスチックを採用した成果です。これにより、ポンプとハウジングを効果的に分離しています。また、音響を吸収するメラミン樹脂製のフォームマットも使用しています。

サステナビリティ ノイズ k2 サイレント
製品 サステナビリティ クラスター リサイクル

プラスチックの責任ある使用

2012年以降、製品に使用される再生プラスチックの割合は4倍になりました。材料調達の際は、持続可能なものであることに注意しており、回収したプラスチックを製品に再利用し、資源の循環を実現しています。ケルヒャーでは、2025年までに家庭用高圧洗浄機の再生プラスチックの割合を最大50%まで増やすことを目指しています。ケルヒャーの持続可能な材料の使用については、以下をご覧ください。

ケルヒャーは、Domo社のTechnyl® 4earth®テクノロジーを最終消費者向けの量産に最初に採用した企業のひとつです。再生材には、リサイクルされたエアバッグの素材や製造過程の残材から抽出された原料を使用します。これにより、材料品質の維持と、供給の安定性が保証されるばかりでなく、CO₂の排出、水消費量、さらには非再生可能エネルギーの使用量が大幅に削減されています。

使用しているナイロンは、30%グラスファイバーで補強されています。なぜなら、ケルヒャー高圧洗浄のスプレーランスは、使用時にきわめて高い圧力に耐えなければならず、また、周囲環境からの影響や洗浄剤に対する耐性も備えていなければならないからです。特筆すべきことがもうひとつあります。リサイクルされた材料は、元の材料と比べて材料特性が一切損なわれていないのです。

エアバッグ スプレーランス 再生材料

ケルヒャーの家庭用製品シリーズでは、できる限り再生材料を使用しています。例えばスチームクリーナー SCシリーズのハウジング下部がそうです。ここで使用されている材料、ポリプロピレン(PP)は、広い温度範囲において形態が安定しているためスチームクリーナーとしては理想的な材料で、新品のプラスチックと比べても劣るところがありません。

スチームクリーナー
製品 サステナビリティ クラスター 化学薬品

洗浄剤の自覚ある使用

入念な洗浄に、洗浄剤は必須ではありません。例えば、スチームクリーナーや温水高圧洗浄機があれば、化学薬品をまったく使用しなくても落とすことのできる汚れがたくさんあります。しかし最善の効果を得るためには、用途に応じた効果的な洗浄剤の使用が不可欠である場合も少なくありません。ケルヒャーは、30年以上にわたって、環境にやさしい製品を開発しています。それらはすべて生物による分解が可能で、排水に負荷のかからないものばかりです。開発プロセスでは、ライフサイクル全体にわたって持続可能な洗浄剤を製造するために、原料選択から梱包にいたるまで、ありとあらゆる側面を考慮しています。2012年から、ケルヒャーの洗浄剤はすべて、サステナブルクリーニングラベルの認証を受けています。このラベルは、持続可能な行動に取り組む企業の製品に与えられるものです。さらに、600を超えるケルヒャー洗浄剤のいくつかは、サステナビリティに関わる国際的な環境認証の要件を満たしています。

ケルヒャーは、eco!performという名称の、環境にやさしい業務用洗浄剤を提供しています。ラインナップには、建造物洗浄のための多彩な製品や、車両洗浄のための製品があり、EUエコラベルやノルディックスワンエコラベルなど、国際的な環境認証を取得しています。

環境認証の高度な要求に応えるため、eco!perform濃縮液は、さまざまなサステナビリティ要件を満たしています。そのひとつとして、ケルヒャーでは製造の際、環境と健康に有害な物質の使用をすべて取りやめました。例えば、界面活性剤は完全に分解可能なもののみを使用し、リン酸塩やマイクロプラスチック、健康に有害なハロゲン化炭化水素は使用していません。さらに、使用している香料や色素も、国際的な環境認証の基準を満たしています。また容器も、重量、組成、リサイクルの環境規定に適合しています。

使用量の点でも、eco!perform製品はとりわけ持続可能な側面があります。洗浄剤は、ほんのわずかな量で、最善の洗浄結果を得ることができます。洗浄効果がきわめて高いため、同等の製品と比べて使用量を最大50%削減できます。

Kaercher_eco!perform_Header

道路や広場の雑草を、化学薬品をまったく使わずに根絶することが、温水の使用で可能になります。温水を使用することで、タンポポやアザミなどを除草剤なしで除去できるのです。熱による雑草根絶の原理は、生化学の基本法則に基づいています。たいていのタンパク質は、約42℃以上の温度で変性します。つまり、タンパク質が変化し、構造が壊れて、自身の機能を果たせなくなるのです。

そのために必要な熱は、直接炎をあてたり、間接的に熱放射を利用したり、また温水や蒸気を使用するなど、さまざまな方法で生成および転換することができます。このうち温水は唯一、化学物質を用いない方法であり、持続可能な形で植物の根に達して、雑草がすぐに再生するのを阻止します。温水高圧洗浄機は、最大98 ℃、すなわち蒸発直前の理想的な温度までの一定温度の水の供給が可能です。たとえ根がすぐに完全には枯れなかったとしても、雑草は温水をあてるたびに弱っていきます。最初から定期的に実施すれば、雑草の再生を阻止でき、実施頻度は早くも2年目から大幅に減らすことができます。おおまかな目安としては、年に3~4回の措置で十分です。

雑草

床磨きには、長年にわたって結晶化の手法が用いられてきました。それは今日でも大きく変わっていません。その際には、酸を床の表面に塗布し、それを機械的に処理して表面を軽く腐食させ、その後に床を磨きます。作業には手間がかかり、粉塵もたくさん生じ、また酸の使用には危険がないとは言えません。最近では、これに代わるものとして、ダイヤモンドの研磨パッドを備えたシングルディスク洗浄機や床洗浄機が登場しています。これはほとんどすべての石のフロアに使え、一度の工程で床の表面がふたたび輝きを放つようになります。

床磨き

スチームクリーナーSC 3 Upright EasyFixに化学薬品は必要ありません。あらかじめ設定できる蒸気量コントローラーのおかげで、ほとんどすべての硬質フロアに使えます。木材にも使用可能です。入念に洗浄した場合、この機器により、コロナウイルスやインフルエンザウイルスなどエンベロープウイルス*を最大99.999%、家庭に一般的にみられる細菌**を99.99%、除去できます。入念という点で言えば、SC 3 Upright EasyFix Premiumは、面ファスナーを備えたフロア用ノズルEasyFixと高性能のマイクロファイバークロスとの組み合わせにより、モップなど従来の方法よりもはるかに優れています。例えば、クロス交換のときに汚れたクロスに触る必要もありません。

*ケルヒャーのスチームクリーナーによるピンポイント洗浄の場合。スチームステージを最大にして30秒間、洗浄対象の表面にスチームを直接あてた場合、家庭の通常の平滑な硬質表面上のコロナウイルスやインフルエンザウイルスなどのエンベロープウイルス(B型肝炎ウイルスを除く)を最大99.999%除去することができます(試験体:改変ワクシニアウイルスアンカラ)。

**洗浄速度を30cm/sにし、スチームステージを最大にして洗浄対象の表面に直接あてた場合、家庭の通常の平滑な硬質表面上の、家庭に一般的にみられるすべての細菌が99.99%死滅します(試験体:エンテロコッカスヒラエ)。

SC 3 EasyFix Upright

関連記事: