Loading

冬を快適に乗り切る 「窓」の防寒・結露対策

室内も懐もぽかぽか!心地よく! 冬を快適に乗り切る 「窓」の防寒・結露対策

朝晩だけでなく日中の冷え込みも厳しい季節になりました。疲れて帰宅したのに、暖房をつけてもなかなか暖まらない、室内なのに冷気を感じる、底冷えして靴下なしでは生活できない。でも、エアコンの設定温度を上げてもイマイチ効果を実感できず、光熱費が上がり、懐も寒くなります。かといって、石油ストーブをガンガンたくと、今度は結露も気になります。実は、冬場は「窓周り」が快適に過せるかの鍵を握るのです。ぜひこの冬は「窓」防寒・結露対策を見直してみてはいかでしょう。

まどの防寒対策はなぜ重要?
暖房の暖かさは「窓」から逃げる!

雪がちらつく外の景色を眺めようと窓の側にいくと、ひんやり感に驚いたことはありませんか?冬場は、外部の冷気で窓が冷やされ、その空気が下に流れて床を沿って部屋中に冷気を広げてしまう「コールドドラフト」という現象が起こります。窓面いっぱいの幅から下に落ちる冷気のせいで、天井付近は暖かいのに、足元は寒さを感じ、この温度差のせいでより寒さを感じ、不快な空間をつくる要因にもなっています。
では、どうしたらよいのでしょう。住まいの中で最も熱が逃げていくのは「窓」といわれています。冷気の入り口でもあり、室内の暖かい空気が逃げる出口でもあり、冬場は58%(※)もの熱が窓から出入りしているそうです。熱損失の過半数以上をしめている「窓」に気を配るだけで、住まい全体の防寒対策にもなるのです。

早速始めよう!「窓」の防寒対策

では「冷気を入れない・暖気を逃がさないこと」ためには、具体的にどんなことをしたらいいのでしょうか。ホームセンターや100円ショップで売っているもので手軽にできる対策もありますので試してみてください。

  • カーテンの見直し

    ・遮光カーテンなど厚手のカーテンをつける
    ・床につくくらいの長めのカーテンにする
    ・暖色系の色を選ぶ
    ・カーテンに梱包材のプチプチ(気泡入緩衝材)をつける

  • カーテンボックスをつける

    ・レールの上にある隙間を塞ぐと冷気対策に
    ・部屋側カーテンの端をレース側に引っ掛けて
    カーテンリターンとして隙間を減らす

  • 窓に断熱シートを貼る

    ・ホームセンターなどで売っている
    「断熱シート」を貼る
    ・窓に梱包材のプチプチ(気泡入緩衝材)を貼る

  • 窓のリフォーム

    ・室内側の窓をプラスして「二重窓」に
    ・本格リフォームの際に熱性の高い
    樹脂素材を採り入れた窓や複層ガラスに交換

  • 窓から冷気が床に落ちるので
    床もしっかり断熱対策

    ・床に断熱効果がある銀マットを敷く

気軽にサッと片手で「結露」を取り除ける
「窓用バキュームクリーナー」がおすすめ

「結露はしかたない」、「結露なんて放っておけば乾くでしょ」と安易に考えず、しっかり対策しましょう。小さなお子さんがいるご家庭は、ぜんそくやアレルギーの原因にもなりかねませんので、特にしっかり対策しましょう。

■結露を放っておくと・・・

・カビの発生=ぜんそくやアトピーの要因に
・ダニの増殖=糞がアレルゲンに。
ぜんそくの要因にも
・シミ・腐食=壁紙がシミになり、クロスが剥がれたり、壁や断熱材、床材が腐る原因に

様々な対策をしても結露がおさまらないと悩む方へ。結露が発生したら、片手でサッととり除けける「窓用バキュームクリーナー」がおすすめ。窓掃除に一年中使用できるため、忙しいママの家事をサポートしてくれること間違いなし!です。

窓用バキュームクリーナーがあれば
結露も怖くない!
しっかり乾燥対策しましょう!

寒いからと、一日中エアコンをつけっ放しにしている方は、要注意です。結露が気になるからと、
加湿をしないと乾燥しすぎて寒さを感じ、肌や髪もカサカサに、風邪もひきやすくなってしまいます。
バランスよく「乾燥対策」を行いましょう。

  • ・人がいる時は加湿器をつける

  • ・洗濯物を室内に干す

  • ・観葉植物を置く

  • ・濡れたタオルを干す

  • ・霧吹きで水を部屋にまく
    (消臭効果のあるスプレーでもOK)

  • ・鍋をする
    (蒸気があがるので効果的)

  • ・浴室の湯をすぐ抜かず、
    入浴後はしばらく
    風呂場のドアをあけておく

窓用バキュームクリーナー

結露取りはこれ1台!

窓掃除が3倍速くなる!

水ダレ。拭き跡なし!