Loading

サンピエトロ寺院 - バチカン(バチカン市国)

Kolonnaden

サンピエトロ広場 1998年

ローマ市内に位置するバチカン市国の「サン・ピエトロ広場」の柱廊の洗浄を実施しました。
このプロジェクトは、過去にケルヒャーが行ってきたクリーニングプロジェクト中、最大規模のものになり、合計で石柱264本、面積にして25,000㎡という巨大な天然石の洗浄を実施しました。

石柱は石灰岩で出来ており、高さが13mほどもあります。足場を組み、一度に四本づつ柱の表面の洗浄を行いました。
対象物が石灰質という事で、通常の洗浄に用いる洗浄機、ならびに洗浄剤を利用する事ができません。特に、酸性の洗浄剤を使用することは不可能でした。
そこで今回用いた方法は、「高圧洗浄機」「エアーコンプレッサー」「研磨剤」「スチーム・ブラスト・ガン」を駆使してのブラスティング(表面はく離)です。
これは、水、圧縮空気、研磨剤、温度の四つの要素を組み合わせて、汚れをはく離する方法です。
研磨剤には「炭酸カルシウム」を採用いたしました。これは粉状の細かな粒子なので柱に傷が残ることはありません。加えて、炭酸カルシウムは環境の面からみても無害です。例えば、スカンジナビアでは、汚染された湖の洗浄にも利用されております。
この研磨剤ではく離作業をした後に、水だけの洗浄を行い、研磨カスを洗い流します。
この方法で表面の汚れを除去し、再生作業ともいえる洗浄を行います。

ケルヒャーはこれまでにも歴史的建造物の洗浄を手がけ、数多くのノウハウと技術を積み重ねてきました。
クリーニングプロジェクトは多数のラジオや、テレビによっても取り上げられ、作業の様子は世界中の出版物等で紹介されました。
また、このプロジェクトは史上最大の洗浄範囲という事で、ギネスブックに認定されました。
証明書には「ヴィネデン(ドイツ)のケルヒャー社は、1999年1月末までにローマ サンピエトロ広場の25.420㎡の面積を洗浄した事を認定します」の文言が記載されています。

Kolonnaden
Kolonnaden
Kolonnaden