Loading

洗浄リポート - 2008年7月19日

エコ・アートプロジェクト

松田川ダム

今日は、明日からの洗浄作業の準備として、作業用ゴンドラの設置と高圧洗浄機で使用する水の準備、ダム面の状況に合わせて使い分ける高圧洗浄機のアクセサリー(洗浄面の状態に合わせて付け替える部品類)の準備などを行いました。

 

このエコ・アートは高圧洗浄でダム面の汚れを落とすことで絵を描きます。制作には水を使うのですが、ダムの上には水道がないために水のタンクを用意します。

下の写真のゴンドラは約50度のダム面勾配に合わせて安定した移動ができるように特別に製作したものです。

 

梅雨明け当日の今日は、タンクから高圧洗浄機への水の流れの調整を含めて設備の点検などを行い17時30分まで現地での作業になりました。

これから夏の盛りを迎えますが、暑さに負けないで作業を進めて行きたいと思います。

ドイツからアーティストのダオヴェン氏と当社の洗浄スペシャリストのモーヴェス、そしてロープアクセスで洗浄作業を行う技術者2名の合計4名も到着し、明日の作業開始を待つばかりとなりました。

 

ダムのふれあい広場キャンプ場では、多くの家族がテントを張って早速夏休みの一日を楽しまれている様子がうかがえました。明日の朝食のころには、洗浄作業が始まる予定です。

いよいよ開始される「hanazakari~花ざかり」の制作をお楽しみ下さい。

img_matsudagawa_19_406x203
作業用ゴンドラを設置
オレンジ色のものが水の入ったタンク
ダム面から見ていただくために当社のロゴを準備