Loading

日本橋クリーニングプロジェクト

日本橋をケルヒャーしました。
ケルヒャーは、ボランティア活動の一環として、主要国道の基点である「日本橋」を、名橋「日本橋」保存会と協力して洗浄することで、その美しさを次世代につなぎます。

ケルヒャー日本橋クリーニングプロジェクト

2010年12月2日 ラジオ生中継

2010.12.3 更新

上流側の洗浄作業は高欄の部分のパウダー洗浄を終了し、昨日からは2段目のパウダー洗浄を進めています。
今日は中央の橋脚でもパウダー洗浄を行いました。

また、今日は、NHKラジオの生中継があり、「ラジオビタミン」の中継コーナーで紹介していただきました。
レポーターの方がお話されていましたが、石の表面は「小叩き」という方法で仕上げられています。
横方向に美しい縞模様を見ることができます。

石は全部で4段階の工程で作られていて、大きな石から段階を経て細かい形や微妙な曲面が作られました。
残念ながら足場からでないと見え難い部分もあるので、遊覧船等で見る機会があれば、ぜひ確認してみてください。

この石橋は川から見ても美しいように造形が施されています。
ひとつひとつの石に思いを込めて刻んでいった明治時代の職人さんの心意気が伺えます。
来週には作業が終了する予定ですので、橋に刻まれた歴史や風景を感じながら仕事を進めたいと思います。

ラジオ生中継の様子
美しい曲線と装飾の日本橋
日本橋の石の「小叩き」仕上げ