製品について知りたい

スチームークリーナー
製品仕様について

ケルヒャー家庭用スチームクリーナーは、約100℃の高温スチームで汚れを浮かせて落とす清掃機器です。圧力鍋としくみが似ており、入れた水を密閉したボイラーで約 143℃まで熱し、スチームを発生させます。吐出されるときの温度は約100℃と高温でさらっとしたスチームが特徴です。油汚れなど温めると落ちやすい汚れに効果的です。水分が少ないのでおうちの中のさまざまな場所でお使いいただけます。
※熱に弱い材質、壁紙、プラスチックなどは変形・はがれなどの恐れがあります。目立たないところで試してからご使用ください。
※汚れを吸い込む機能はありません。

スチームクリーナー 製品特長はこちら

ケルヒャー家庭用スチームクリーナーのスチーム吐出圧力はどの機種もほぼ同じです。
製品の大きさ・ヒートアップにかかる時間・使用時間などに違いがあります。また、本体カラーや標準装備品も異なります。


<連続使用できるタイプ>
水を継ぎ足しながら、約2時間ほどご使用できます。
→該当機種:SC 4 EasyFix、SC 4 EasyFix プレミアム

<連続使用できないタイプ>
本体が熱いときは、安全のため安全バルブのふたを開ける事ができません。安全バルブは、必ず本体が冷めてから開けてください。 
→該当機種:SC 2 EasyFix、SC 2 EasyFixプレミアム、SC 1 EasyFix、SC 1 EasyFixプレミアム

使用時間や標準装備品などをご検討の上、機種をお選びください。

一般家庭の100V15Aのコンセントに単独でつないで使用した場合、1kW/hにつき電気代は約27円です。
ケルヒャー家庭用スチームクリーナーの消費電力は1,200Wあるいは1,500Wです。(旧製品は消費電力1,000Wの場合があります)
仮にSC 2を30分連続で使用した場合、電気代は約20.5円になります。
(27円×1.5W×0.5時間=20.2円)

ケルヒャー家庭用スチームクリーナーは、除菌率99.99%です。

※エンダース&パートナーズ研究所のテスト結果
 ケルヒャーのスチームクリーナーを正しく使用すると、一般家庭のバクテリアを99.99%除菌することができます。
 (表面の硬い場所を清掃した場合)

当社のスチームクリーナーは、約100℃の蒸気(スチーム)を噴射することで、洗剤などの化学製品を使わずに水だけで家中の汚れをスッキリ落とせるうえ、バクテリアからカビ、ウイルス(※1〜3)の抑制効果もわかっています。

当社のスチームクリーナーは家電でございますので、薬機法(※)により特定のウイルスについての効果は公表が出来かねます。

 

※ 薬機法…医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律の総称

※ 1 <バクテリア>
 ●エンダース&パートナーズ研究所
 ●試験対象:一般家庭のバクテリア
 ■試験結果:ケルヒャーのスチームクリーナーを正しく使用すると、一般家庭のバクテリアを99.99%除菌(表面の硬い場所を清掃した場合)。

※ 2 <付着カビ>
 ●試験機関:一般財団法人 北里環境科学センター
 ●報告書番号:北生発2019_0322号
 ●試験方法:床材に付着させたカビ胞子にスチームを噴射しながら清拭し、付着カビの除去効果を検証した。
 ●試験対象:付着した1種類のカビ
 ■試験結果:SC 1 EasyFix:30cm/2秒の速度で1往復させると除去率が99.99%。
       SC 2 EasyFix:30cm/1秒の速度で5往復させると除去率が99.99%。

※ 3 <付着ウイルス>
 ●試験機関:一般財団法人 北里環境科学センター
 ●報告書番号:北環発2019_0331号
 ●試験方法:床材に付着させたウイルスにスチームを噴射しながら清拭し、付着ウイルスの除去効果を検証した。
 ●試験対象:付着した1種類のウイルス
 ■試験結果:SC 1 EasyFix:30cm/2秒の速度で5往復させると除去率が99.99%。
       SC 2 EasyFix:30cm/1秒の速度で5往復させると除去率が99.99%。

当社のスチームクリーナーSC 2を使用し、ハンドブラシにカバーを着けて作業をすることで、花粉アレル物質低減の効果があります。

【試験機関】ITEA株式会社 東京環境アレルギー研究所
【結果】10秒間(15cm/2秒で5往復)噴霧させると花粉アレル物質99.4%除去

 

当社のスチームクリーナーは家電でございますので、薬機法(※)により、特定の疾病及び、アレルゲン、アレル物質の効果は公表出来かねます。

※ 薬機法…医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律の総称

SC 1:約6分(ボイラータンク満タン時)
SC 2:約30分(ボイラータンク満タン時)
SC 3:給水により連続使用可能(1Lの給水で約30分)、定格使用時間2時間
SC 4:給水により連続使用可能(0.8Lの給水で約25分)、定格使用時間2時間

ボイラー式は、圧力鍋と仕組みが似ており、水を密閉したボイラー内で約143℃まで熱してスチームを発生させます。
フローヒーター式は、窯状のヒーターに水を通して熱する方法です。ボイラー式はヤカンのように一度にたくさんの水を沸騰させますが、フローヒーター式は少量の水をその都度熱します。そのためヒートアップタイムの短縮につながっています。

一般家庭の汚れにおいて、いずれの機種も清掃能力は充分です。お客様のライフスタイルに合わせた機種をお選びいただけます。
SC 2:ヒートアップ6分、連続使用時間30分。スタンダードタイプです。
SC 3:ヒートアップ30秒、給水により連続使用(定格使用時間2時間)。すぐ使える/長い時間使える利便性をよりお求めの方に。
SC 4:ヒートアップ4分、給水により連続使用(定格使用時間2時間)、家庭用最上位機種。高い吐出圧力をキープするのでより清掃の効率性を求める方に。

日本の水道水は、一般的に軟水もしくは中硬水に分類されます。
しかし、地域だけでなく時期によっても水道水の硬度が変わりますので、水道水の硬度については管轄の水道局にお問い合せください。

スケール除去カートリッジの交換時期が変わります。硬水使用のところを軟水設定にしてしまうとカートリッジの交換時期が本来より長くなり、カルキが本体内部に付着して故障の原因となるので注意が必要です。
また硬度設定をしないと、初期設定はスケール除去カートリッジの交換サイクルが最も短い「超硬水」です。日本の水道水のほとんどは軟水か中硬水なので、正しく設定したほうが長くカートリッジを使用することができます。

スケール除去カートリッジを取り外すと内部に空気が入り、スチームにも空気が混じります(エア噛み)。スチームが安定するまで30秒以上かかり、ヒートアップが短いというSC 3のメリットを享受できなくなってしまうため、スケール除去カートリッジの頻繁な取り外しをお勧めしておりません。

給水するタンクは水だけを貯蔵しますので、熱湯が給水口からこぼれることはありません。

清掃場所について

落ちやすい汚れ

・台所の流し、浴室のタイル目地などのぬめり

・コンロの油汚れ(焦げていないもの)

・換気扇、フードの油汚れ(薄い油膜は残る場合があります)

・タバコのやに(壁などの素材に染み込んだ汚れは落とせません)

・トイレの黄ばみ(樹脂の変色は取れません)

落ちにくい汚れ

・焦げ付いた油汚れ

・家具などに染みこんだ臭い

落ちない汚れ

・変色してしまったもの

・錆びや焼けた塗装面

・黒いカビ

・スケールが固着した状態

スチームクリーナーの用途は多様です。
台所の流し周りのぬめりや、ガスレンジ周りの油汚れなどを、洗剤なしで落とすことができ食べ物にも安心です。洗剤を使用しないので洗剤臭や手あれの心配もありません。
その他、お風呂場等のタイル目地のぬめりや洗面所周りの汚れ落としにも使えます。高温のスチームで除菌効果も期待できます。
他にも、エアコンのフィルターや車のシート、天井についたタバコのヤニ、絨毯・カーペットのシミや汚れ落としなど工夫次第で幅広く使えます。

スチームクリーナー お掃除アドバイスブックはこちら

使い方について

ボイラータンク(本体)が熱い状態でお湯を入れると、沸騰した水が噴き出し非常に危険です。
必ずボイラータンクが冷却されていることを確認し、40℃以下の水道水をお使いください。

ボイラー内部で143℃まで加熱・圧縮されたスチームは、約100℃の温度で噴射されます。
したがって、ノズルの先端付近のスチームは、直接肌などに当たるとやけどをします。
スチームは、ノズルの先端から15cmほど離れると急激に温度が下がりますので、温度を下げて使いたい場合は、ノズルの先端から洗浄物を離してご使用ください。

作業開始時は以下の水量を目安に給水してください。

SC 1 EasyFix、プレミアム:0.2L

SC 2 EasyFix、プレミアム:0.5L~1.0L

SC 3 EasyFix、プレミアム:1.0L ※給水ランプが点灯しなければ少量でもご利用できます

SC 4 EasyFix、プレミアム:0.8L ※給水タンクMAX印まで入れてください

水あか(カルキ)成分がヒーター内に入り故障の原因となりますので、必ずスケール除去カートリッジを取り付けてご利用ください。

お手入れについて

使用を重ねるにしたがい、スチームクリーナー内部のボイラーには水あか(スケール)が付着してきます。

50回の使用につき1回、もしくは1年に1回、オプションアクセサリーのボイラー洗浄剤で水あかを除去する作業が必要です。

ボイラー洗浄剤パウダータイプ 3包入り はこちら

水道水の硬度によりますが、1週間に1時間ほどの利用で、約1年での交換が目安です。

硬度設定 mg/L 点滅回数 交換時間目安
1 軟水 0-60 1回 約75時間
2 中硬水 61-120 2回 約60時間
3 硬水 121-180 3回 約45時間
4 超硬水 180以上 4回 約30時間

外さなくても排水できます。カートリッジを外した場合は、正しく取り付けなおしてください。

スチームを出している累計時間が42時間に到達すると、スチームランプが赤く高速で点灯し、交換時期をお知らせします。ご家庭で週一回使用したとして、1~2年後の交換となります。

お問い合わせ前に上記Q&Aをご確認ください