Loading

スチームクリーナーで年末大掃除

年内最後の大仕事といえば「年末の大掃除」ですね。みなさんのご家庭では毎年大掃除されていますか?今年の大掃除の計画はお決まりでしょうか。

ケルヒャーのスチームクリーナーは、洗剤などの化学薬品を使わずに水だけで家中の汚れをきれいにします。床掃除、キッチンの油汚れがスッキリ&サラサラの仕上がりに。また約100℃の高温のスチームでバクテリアを99.99%除菌することができます(※エンダース&パートナーズ研究所のテスト結果)。大掃除でもいろいろな場所のお掃除にお使いいただけます。

大掃除は何かと大変なものですが、毎日の掃除では手の届かない部分も、家族の手を借りてしっかりとキレイにできるチャンスでもあります。ポイントを押さえた掃除で、来年を迎えましょう。

※エンダース&パートナーズ研究所のテスト結果
 ケルヒャーのスチームクリーナーを正しく使用すると、一般家庭のバクテリアを99.99%除菌することができます。(表面の硬い場所を清掃した場合)

フローリング床・畳

普段はフロア用モップや掃除機での床掃除はしていても床の拭き掃除まではなかなかしませんね。でも大掃除ではしっかりと拭き掃除をしたいですよね。そんな時は、スチームクリーナーがおすすめ。高温スチーム(蒸気)を安定して作れるスチームクリーナーなら、雑巾がけをするよりもサラッとスッキリ掃除できます。さらに立ったまま床掃除ができるので、腰などの体への負担も少なく済みます。

フローリング床
畳の掃除
ワンポイント

  • スチームを出し続けるとクロスがぬれてきますので、
    ①スチームレバーを3秒握りクロスを温める。
    ②温まったらレバーを離して3秒ほど拭く。
    の手順を繰り返します。
  • スチームの吐出量が多い場合はスチームレバーロックを「弱」にしてください。クロスが濡れてきたら交換してください。
  • クロスはたるまない様にピンと張った状態に取り付けます。 スチームでクロスを温めて汚れを拭き取ります。 クロスはたるまない様にピンと張った状態に取り付けます。 スチームでクロスを温めて汚れを拭き取ります。 ※機種によっては、スチームの出し方が異なり、強弱切り換えレバーが無いものがあります。
    ※写真は、標準装備品のフロアノズルと一部形状が異なりますが、機能・使い方は変わりません。
  • 1秒間に30cm 位のゆっくりとしたスピードで動かすと、水分が残らず汚れを落とせます。

キッチンまわり

約100℃のスチームがベタベタする油汚れを浮かせて落とすので、油汚れが多いキッチンまわりの掃除には最適です。IHクッキングヒーターや換気扇フード、シンクなどの広い面には、カバーを付けたハンドブラシで掃除するのが便利です。ガスコンロや溝、水栓の根元などの細かい場所にはノズルヘッド+ブラシがおすすめです。

キッチンまわり
掃除
ワンポイント

  • ノズルヘッド+ブラシで油汚れを掃除する場合は、
    ブラシ部分にタオルを巻き付けて掃除すると
    油汚れが取りやすくなります。
  • こびりついた汚れには、
    オプションアクセサリーのスチームターボブラシが便利です。
  • スチームターボブラシはこちら

網戸・サッシレール

掃除が面倒な網戸や砂などの汚れがたまって手間がかかるサッシレールの掃除も、スチームクリーナーで手を汚さず簡単に掃除することができます。

網戸
サッシレール掃除
ワンポイント

  • 網戸はカバーを付けたハンドブラシを使います。
    ハンドブラシを当ててゆっくり動かします。
    カバーは数枚用意しておき、汚れてきたら交換しながら使いましょう。
  • サッシレールはノズルヘッドにブラシをセットして、こすり洗いします。
    細い溝の汚れはノズルヘッドやスポットノズルで吹き飛ばします。

布製ソファ

ソファは汚れても衣類の様に洗濯する訳にはいきません。ですが、スチームクリーナーならソファ表面の汚れやシミなどの汚れをサッパリきれいに掃除できます。布製ソファのリフレッシュをかねてスチーム掃除、してみませんか。

布製ソファ
の掃除
ワンポイント

  • 汚れのそばにタオルを用意し、
    ノズルヘッドを斜めにして汚れ部分に
    スチームを当て、奥のタオルに汚れを移します。
  • 別の乾いたタオルで叩いて水分と汚れを取り除きます。
    これを数回繰り返します。
  • 【ご注意】
    ※スチームが手にかからないようにご注意ください。
    ※ソファやカーペットなどの布製品の掃除をする時は、あらかじめ目立たない場所でテストをしてください。
     掃除した場所が完全に乾燥するまで待ち、色落ちや形状に問題がないか確認してください。
    ※皮革製品には使用できません。
    ※ベロアなど特殊加工品やシルク・カシミヤ等の高級品は必ず目立たない場所でテストしてからご使用ください。
    ※繊維の奥までしみ込んだ汚れは落ちません。

カーペットのシミ

コーヒーやジュースをこぼしてしまったカーペットやラグのシミも、あきらめる前にスチームクリーナー掃除を試してみませんか。

カーペットのシミ
の掃除
ワンポイント

  • カーペットなどのシミは、表と裏の両面から掃除すると効果的です。

洗面所

洗面所の水道蛇口や洗面台の石けん汚れもスッキリ落とします。また、ぬるぬるした汚れやカビも高温スチームが洗剤なしできれいにします。

洗面所の掃除
ワンポイント

  • 蛇口はノズルヘッドにブラシをセットして、こすり洗いします。
  • 洗面台はカバーを付けたハンドブラシを当てて、ゆっくりと動かします。

浴室

浴室のカビ対策にもスチームクリーナーがおすすめです。約100℃の高温スチームがカビや菌を除菌するので、お掃除後にカビが生えにくくなります。
調査機関のテストでは、菌液を滴下・乾燥させたプラスチック板へケルヒャースチームクリーナー(ハンドブラシとカバーを装着)でスチームを10秒噴射したところ、除菌効果が確認されました(財団法人日本食品分析センター調べ)。

※<エンダース&パートナーズ研究所のテスト結果>
ケルヒャーのスチームクリーナーを正しく使用すると、一般家庭のバクテリアを99.99%除菌することができます。(表面の硬い場所を清掃した場合)

車のシート・チャイルドシート

自動車のシートやチャイルドシートは、汚れてもなかなか洗うことができません。スチームクリーナーならそんなシートも、高温スチームでスッキリ!

車のシート
チャイルドシート
の掃除
ワンポイント

  • カバーを付けたハンドブラシをシートに当てて、ゆっくりと動かします。
    掃除後は、換気をしてしっかり乾燥させましょう。

衣類のシワのばし

衣類のシワやセーターなどについてしまったハンガー跡など、ケルヒャーのスチームクリーナーが作り出すたっぷりのスチームを当てることでシワをのばします。

シワのばし
ワンポイント

  • ハンガーに掛けた衣類に、カバーを付けたハンドブラシを当てて、ゆっくりと動かします。
    ※衣類の絵表示をご確認ください。皮革製品には使用できません。
     また、低温表示のある製品には少し離れたところからスチームをあててください。
     「スチーム禁止」の表示がある場合は使用しないでください。
  • セーターのハンガー跡には、内側からタオルを入れて形を整えてからスチームを当てます。

SC 1クラシック

詳細はこちら

SC 1 プレミアム

詳細はこちら

SC 2 プレミアム

詳細はこちら

SC 4 プレミアム

詳細はこちら