Loading

クリーンイノベーションのショーケース

精密部品メーカーS社生産本部

清掃の生産性向上とコスト削減を両立
「壊れやすいバキュームクリーナー」の真相とは?

清掃環境
  • 工場
  • 自社清掃

5S活動の一環として、1日数回、作業員がほうきとちりとりで担当区域を清掃していたS社では、数年前からバキュームクリーナーを導入。バキュームクリーナーはいつもホームセンターで購入していた。

課題

工場清掃の酷使に耐えず、バキュームクリーナーの買い換えコストがかさんでいる

バキュームクリーナーは少ない労力できれいに清掃できるとS社内では好評でした。しかし、使い続けるうちに、想定より短い期間で買い換えが必要になることが判明し、そのコストが問題視されるようになったのです。

生産本部のT氏は、次のように語ります。
「工場内全体の清掃に使用していました。複数台導入していましたが、それでも1台あたりの清掃範囲は広域に及ぶため長時間の連続稼働することになります。1日あたりの稼働時間も非常に長く、酷使しているという自覚もあったので、ある程度は消耗品だと考えていたのですが・・・」(T氏)

社内の一部からは「コスト削減のためにほうきとちりとりに戻した方がいいのでは?」という意見も出ましたが、工場内で働く従業員の大多数が、清掃の生産性が著しく低下すると反発しました。そんな中、T氏は上司から改善策を検討するように指示を受けました。T氏も今さらほうきとちりとりには戻れないと考えていましたが、どうすれば改善できるのか検討もつかず困り果てるばかりでした。

課題のポイント
  • バキュームクリーナーの買い換えコストがかさんでいる

  • 工場全域の広範囲におよぶ清掃の効率化

12
業務用ソリューション PROFESSIONAL SOLUTIONS 世界中のプロが選ぶ、 ケルヒャーの業務用清掃機器。
無料 出張実演受付中 DEMONSTRATION REQUEST 無料で出張実演・ デモンストレーションいたします!