Loading

クリーンイノベーションのショーケース

ビルメンテナンスR社経営企画部

清掃スタッフ不足が深刻化
人員確保から育成まで考慮した解決策とは?

清掃環境
  • オフィスビル
  • ビルメンテナンス業

業界全体で人材確保が慢性的な課題になっており、R社でも多額のコストをかけて採用を強化していた。

課題

人材が確保できず、育成できる環境も用意できていない

R社では清掃業務の人材不足が深刻化していました。採用を増やすことが難しい上に、離職率も高かったのです。大型の清掃機器などを扱える経験者が不足している中、離職でさらに減少していく現状は、清掃受託のサービス維持すらも危うくしていました。

この問題について、経営企画部のM氏は次のように語ります。
「大型の清掃機器は転倒などの事故リスクが高く、扱えるようになるための教育にも時間がかかります。そのような中、新人教育を専任する経験者を確保することも難しかったのです」

人材の確保と育成は急務でしたが、その手立てがないという現状でした。

激務を強いざるを得ない環境が、定着率低下の要因に

清掃スタッフの業務負担は派遣先の環境によって、増大することが多々あります。例えば、客先に清掃機器を保管するスペースがない場合、広い面積を清掃するときに使用する大型機器を、清掃スタッフが自力で担当区域まで持ち運ばなくてはなりません。女性や年配の清掃スタッフで、重量のある機器を持ち運びが難しい場合は、小型機器で広大なスペースを清掃することになるのです。

R社では、せっかく採用した清掃担当者が、激務を理由にすぐに離職してしまうケースが後を絶ちませんでした。
「限られた人員でも業務を回せるように、業務効率を改善に取り組まなければ、今にも業務が回らなくなる・・・」と、M氏は危機感に駆られました。

課題のポイント
  • 人材の確保および教育が急務だが、手立てがない

  • 激務が定着率悪化の要因になっている

12
業務用ソリューション PROFESSIONAL SOLUTIONS 世界中のプロが選ぶ、 ケルヒャーの業務用清掃機器。
無料 出張実演受付中 DEMONSTRATION REQUEST 無料で出張実演・ デモンストレーションいたします!