溶接ヒューム法改正にも対応 適切な清掃機器でヒューム対策を万全に

2021年4月に施行・適応された労働安全衛生法施行令、特定化学物質障害予防規則等の改正により、金属アーク溶接作業などから発生する「溶接ヒューム」が、特定化学物質(第2類物質)に認定されました。

溶接加工を行う現場では、溶接ヒューム対策が必要となりますが、ここでは、より重要性を増す「清掃」にフォーカスし、適切な清掃機器選びについてご紹介します。

溶接ヒューム対策における適切な掃除方法

溶接ヒュームとは何か?

法改正により、早急な対応が必要に

労働安全衛生法施行令、特定化学物質障害予防規則等が改正され、溶接ヒュームや溶解フェロマンガン・ヒュームなどに含まれている物質である「塩基性酸化マンガン」が、特定化学物質(第2類物質)に認定されました。

これまでは溶接ヒュームに関しては有害性の高さは認められてきませんでした。しかしその粒子は非常に細かく、鼻やのど、肺胞まで到達する粉じんが含まれていることから、長時間ばく露すると健康障害をおよぼすおそれがあるとされ今回の法令改正に至りました。
それにより、今後は金属アーク溶接作業に係る作業環境管理の強化が急務となります。


溶接ヒューム対策とは?

溶接ヒューム対策のカギを握る「清掃」

溶接ヒュームが特定化学物質に認定されたことで、どのような対策が必要になるのでしょうか。具体的には次の6つとなります。

【1】換気の強化

金属アーク溶接等作業で発生する溶接ヒュームを減少させるために、全体換気装置による換気の実施や、これと同等以上の措置を講じなくてはいけなくなりました。

【2】呼吸用保護具の使用およびフィットテストの実施

空気中の溶接ヒュームの濃度を測定し、測定結果に応じて有効な呼吸用保護具を選択し、労働者に使用させなくてはいけません。また、面体を有する呼吸用保護具を使用する場合は、1年以内ごとに1回、フィットテストを実施する必要があります。

【3】掃除等の実施

粉じんが飛散しない方法で、1日1回以上の清掃が必要となります。

【4】特定化学物質作業主任者の選任

「特定化学物質及び四アルキル鉛等作業主任者技能講習」を修了した人の中から作業主任者を選任し、作業方法の決定や予防措置の点検、保護具の使用状況の監視を行わなくてはいけません(※2022年4月1日から)

【5】特殊健康診断の実施

金属アーク溶接等作業に常時従事する労働者には、健康診断を行うことが義務付けられます。

【6】その他必要な措置

安全衛生教育、ぼろ等の処理、不浸透性の床の設置、立入禁止措置、運搬貯蔵時の容器等の使用等、休憩室の設置、洗浄設備の設置、喫煙または飲食の禁止、有効な呼吸用保護具の備え付け等

溶接ヒューム対策において重要性を増す清掃

ここで重要なのは【3】の清掃です。換気を強化し、呼吸用保護具を使用しても、清掃が行き届いていなければ、働く人たちにとって安全な環境を整えることはできません。
つまり、清掃についてはこれまでと異なる対応が求められており、より重要性が増しているというわけです。

こうした状況下では、清掃機械の総合メーカーであるケルヒャーの製品が力を発揮します。法令で求められている「粉じんが飛散しない方法での清掃」を簡単に実施できる製品を多数、用意しているからです。

溶接ヒューム対策において大切な清掃

ヒューム対策に効果的な清掃方法

現場の状況に合わせて最適な溶接ヒューム対策を

労働安全衛生法の改正により義務付けられているのは、「水洗等粉じんの飛散しない方法で毎日1回以上の掃除をすること」です。

ただし、実際には水洗いができない作業場所もありますので、「水洗いする場合」と「水洗いしない場合」の2種類の清掃の仕方を、 現場の状況に合わせて選択することになります。
※水洗等の「等」には超高性能(HEPA)フィルター付き真空掃除機による清掃も含まれます。

溶接ヒューム対策における清掃:水洗いする場合
水洗いする場合
溶接ヒューム対策における清掃:水洗いしない場合
水洗いしない場合

水洗いする場合

機械一台で安心・安全・簡単に粉じんを回収・廃棄できる床洗浄機

水洗いする場合は、床洗浄機を使用して掃除を行います。

床洗浄機とは、洗剤塗布、ブラッシング、汚水回収という清掃工程を全て一台でできる清掃機器です。
水を使って掃除することで粉じんの飛散を抑えることができ、水と一緒に粉じんの回収もできるため、作業が非常に楽です。
吸引した汚水は自治体のルールに従って処理しますので地球環境にも優しいです。

 

溶接ヒューム対策におすすめの清掃機器:床洗浄機
床洗浄機のメリット

床洗浄機を活用するメリットは、いろいろあります。モップを使った掃除とは異なり、常に清潔な水で洗浄ができます。

洗剤で床に付着した油などを取り除くことができれば、転倒のリスクも軽減でき、構内美化にもつながります。さらには、回収した粉じんは水と混ざっているため、廃棄時の粉じん飛散を抑えることができ安全です。

水を使うことで感電や溶接機のショートが心配だと感じるかもしれませんが、床洗浄機の構造上、ブラシの真上から水を噴射して前後ですぐに吸引するため、床に水が残っている時間が短く、ショートなどのリスクを防げる安全な設計となっています。
また、機械についているスクイージーでしっかりと水を回収しますので、転倒のリスクを最小限に抑えることができます。

 

溶接ヒューム対策を行う上で床洗浄機を使うメリット
ヒューム回収にはローラーブラシタイプがお勧め

ケルヒャーの床洗浄機にはブラシが横回転するディスクブラシタイプと縦回転するローラーブラシタイプがあります。

ローラーブラシであれば初めに水が出てヒュームを床洗浄機のハウジングに掻き込んでしまうため、ヒュームが拡散するのをより確実に防ぐことができます。

ローラーブラシでの床洗浄

ちなみに製品名がBRで始まるのがローラーブラシタイプの床洗浄機です。
また、BDで始まるものはディスクブラシタイプとなります。


水洗いしない場合

HEPAフィルター・飛散防止バッグと組み合わせた乾湿両用バキュームクリーナー

水洗いしない場合は、乾湿両用バキュームクリーナーなどの掃除機を活用します。

 

溶接ヒューム対策におすすめの清掃機器:乾湿両用バキュームクリーナー
HEPAフィルターと飛散防止バッグを組み合わせて溶接ヒュームをしっかりと回収

 清掃の際は、厚生労働省労働基準局の規定で使用を義務付けられている「HEPAフィルター(※)」付き真空掃除機を使うことで、小さな粉じんまでしっかりと回収することができます。

(※)粒径0.3µmの粒子に対して99.97%以上の粒子捕集効率をもつ超高性能エアフィルター

吸引した粉じんは機械内にため込むかたちになるため、吸引後のゴミ廃棄には注意が必要です。その点、ケルヒャーでは粉じんの再飛散リスクへの対策を考慮し、ゴミがたまるバックと廃棄時の飛散防止ビニールバックが組み合わさったセーフティーフィルターバッグを用意するなど、清掃を安心・安全に行える製品・アクセサリーを備えています。

>HEPAフィルター

>セーフティーフィルターバッグ

HEPA フィルターとセーフティフィルターバッグ
掃除機でヒュームを吸引する際は静電気に注意

実際にケルヒャーの掃除機を使って溶接ヒューム回収を行われているお客様から高い評価をいただいるのが、静電気の発生を抑制する帯電防止仕様のモデルです。

溶接の現場では強い静電気が発生しやすいので、清掃作業時にも帯電防止仕様の製品を使うことをおすすめします。

溶接ヒューム回収におすすめの掃除機

こちらの2つの製品は、掃除機本体・ホースなどのアクセサリーも帯電防止仕様であるため、静電気の抑制効果が極めて高いモデルです。

帯電防止のアクセサリーで静電気を抑制する

既にケルヒャーの業務用掃除機をお使いいただいていて、その掃除機が帯電防止仕様でない場合は帯電防止のアクセサリーを使うことで、静電気の発生を抑えることが可能です。

※掃除機本体が帯電防止仕様ではないため、静電気の抑制効果には限度があります

>ベンディングパイプ

>サクションホース

乾湿両用バキュームクリーナー用帯電防止アクセサリー
【参考情報】乾湿両用バキュームクリーナー一覧表

乾湿両用バキュームクリーナーの帯電防止仕様の有無をまとめたのがこちらの表です。



タンク容量
製品分類 フィルター
チリ落とし機能
22L 27L 30L 40L 48L 50L 65L
スタンダード なし                 

Ap タイプ

手動              
Tactタイプ 自動         


●のモデル:本体・アクセサリー共に帯電防止仕様
○のモデル:本体のみ帯電防止仕様
空欄のモデル:本体・アクセサリー共に非帯電防止仕様



なお、溶接ヒュームは高熱を帯びていますので「水洗いする」「水洗いしない」いずれの場合も、回収の際はヒュームが十分に冷えていることを確認のうえ清掃作業を行ってください。


最後に

清掃効果が優れたケルヒャー製品の活用で溶接ヒューム対策を

溶接ヒューム対策を進めていくうえで掃除の重要性が高まっていますが、その際に非常に大事なのが「適切な清掃機器を使うこと」です。

ケルヒャー製品を使うことで法令に遵守するかたちでしっかりと粉じんを回収でき、その後のゴミ廃棄やメンテナンスも非常に簡単で安心・安全に行えます。

また、清掃と同時に工場の環境改善にも役立ちます。加工油による床の汚れを取り除くことでスリップや転倒を防止できたり、加工機の汚れを除去することで構内の美観や火災対策にもつながります。清掃が行き届くことで品質向上にもつながります。効率よく簡単に掃除ができることで、清掃に割く時間を削減でき生産活動により多くの時間をあてることが可能となります。

ぜひケルヒャー製品を活用し、溶接ヒューム対策を行いながら、作業環境改善にも取り組んでみてください。

 

溶接ヒューム対策におすすめの機器

溶接ヒューム対策におすすめの清掃機器:床洗浄機
床洗浄機

ケルヒャーの床洗浄機は、分かりやすい操作性で作業者を選びません。また、手軽な小型クラスから搭乗式の大型クラスまで、豊富なラインナップを備えており、工場の規模に応じて最適なモデルをお選びいただけます。

詳細をみる
溶接ヒューム対策におすすめの清掃機器:乾湿両用バキュームクリーナー
乾湿両用バキュームクリーナー

乾いたゴミはもちろん、湿ったゴミや液体も回収 できる掃除機です。自動チリ落とし機能の付いた Tactクラスであれば帯電防止設計となっており、 静電気によるストレスを軽減します。

詳細をみる

お問い合わせ

工場内の清掃面積や回収するヒュームの量、更には工場内レイアウトなどにより、最適な製品は異なります。

担当営業がヒアリングのうえ適切な機器をご案内いたしますので、ケルヒャー製品を使ってのヒューム対策にご興味をお持ちいただけましたら、下記よりお問い合わせください。

ケルヒャー 業務用製品 無料出張実演 申込み ケルヒャー 業務用製品 無料出張実演 申込み