製品について知りたい

ハンドヘルドクリーナー
製品仕様について

KHB 5の最大許容圧力は2.4Mpaです。
高圧洗浄機のカテゴリーではなく、モバイルクリーナーのカテゴリーに属します。

KHB 5は本体を手で持って(ハンドヘルド)使用する洗浄機で、高圧ホースを必要としない構造となっています。
バッテリー式ですので電源も必要としないため、コンパクトで準備が簡単で、また収納サイズもコンパクトとなっています。

マシンはIPX4、バッテリーパワーはIPX5と高い防水性を備えています。

使い方について

水道ホースは付属していません。ご自宅/当社/市販のホースリールまたは水道ホースをご使用ください。
給水方法によって必要なものが異なります。

●水道の蛇口から給水する場合 
・水道ホース(内径9~15mmの糸入り耐圧タイプ)、または散水用ホースリール(耐圧タイプ)
・水道ホース側のカップリング
・水道ホースを蛇口に接続するためのアダプター

●ため水から給水する場合
・別売りのハンドヘルド専用の自吸用ホース SH 5
※ため水に異物が混入している可能性がある場合、別売りの「フィルター」を併用してください。

ハンドヘルドクリーナー専用自吸用ホース SH 5はこちら

K 2~K 5のアクセサリーは使えません。
ハンドヘルドクリーナー専用アクセサリーをご使用ください。

K 2~K 5のノズルは使用できません。
ハンドヘルドクリーナー専用アクセサリーをご使用ください。

ハンドヘルド専用自吸ホースを使用すれば、ため水を自吸することができます。

ハンドヘルドクリーナー専用自吸用ホース SH 5はこちら

必ずため水吸い上げ専用の自吸用ホースをご使用ください。
このホースは一般的な水道ホースよりも硬く、吸い込み口には逆止弁がついておりますので水を止めても戻らない仕組みになっています。
この逆止弁が無い場合、水を止めると水が戻ってしまい、そのまま再度使うとエアが入り、吸い上げにくくなります。
その状態を何度も繰り返すと本体やモーターへの負担も大きくなり故障の原因になります。

使えません。
ぬるま湯程度なら使用可能ですが、Oリングなどの劣化を早めるためお勧めではありません。(取扱説明書にはMAX40℃と書いてありますが、給湯器の設定温度を40℃にあわせるとそれ以上熱いお湯が出ることがあるので使用する際は35℃以下に設定してください。)

定格使用時間は1時間です。1時間使用したら、機械を休ませてください。

モーターが冷めるまで30分以上は休ませてください。

お手入れについて

水道ホースの取り付け口(給水口)の中にあります。
本体側カップリングが接続してある場合は取り外してからご確認をお願いします。
給水口を覗いて白いものが見えたらそれがフィルターです。
取り出す場合には指ではつまめないのでラジオペンチなどの先が細くなったペンチ等を使用してください。

先端が細くなったペンチ等で給水口内部から引き出してください。

給水口からフィルターを取り外し、流水ですすぎ洗いをしてください。

●機械の凍結にご注意ください。本体内部の水を抜いてから凍結しない室内で保管してください。
排水が不完全な場合、ポンプが凍結します。万一凍結した場合は、スイッチを入れずに修理をご依頼ください。
凍結した状態でスイッチを入れるとモーター、ポンプが故障します。
凍結による故障は保証対象外になります。


●ホコリがかからない場所に保管してください。
ポンプ内部にゴミ(細かいホコリ、粉塵など)が入ると圧力が上がらなくなります。

その他の注意事項に関しては取扱説明書の「洗浄が終わったら」「お手入れ」「保管」のページをよくお読みください。

お問い合わせ前に上記Q&Aをご確認ください