故障かな?トラブルシューティング

スチームクリーナー

【原因 1】電源プラグがコンセントに接続されていない

電源プラグをコンセントに接続してください。

【原因 2】本体のスイッチが入っていない

スイッチを押し、ランプの点灯を確認してください。

【原因 3】水が不足している

<コンパクトタイプ>
本体が人肌に冷めるのを待って、安全バルブを開けて給水を行ってください。
<連続使用タイプ>
給水タンクに給水してください。

【原因 4】規格外の延長コードを使用している

延長コードを使用される場合は、15A仕様・10m以内のものをお使いください。
またコードリールは完全に伸ばした状態にしてください。巻いたままや束ねた状態では使用しないでください。

【原因 5】ホースが折れている

ホースが本体から外れない機種は、ご購入店またはケルヒャー ジャパンに修理を依頼してください。

修理申し込み方法はこちら

定額修理料金表はこちら

【原因1】電源プラグがコンセントに差し込まれていない

電源プラグをコンセントに差し込んでください。

【原因2】本体の電源がON になっていない

本体電源をON にしてください。

【原因3】電源コードが破損している

ご購入店またはケルヒャージャパンに修理を依頼してください。

修理申し込み方法はこちら

【原因4】コンセントに電気がきていない

別のコンセントを使って電源ランプが点灯するか確認してください。

【原因1】ポンプの保護機能が働いている

一度電源をOFF にしたあと、再度電源をON にしてください。

【原因2】スケール除去カートリッジが正しく取り付いていない

スケール除去カートリッジを付けなおし、水量が十分か確認してください。

【原因】水が不足している

給水を行ってください。

【原因】ボイラー内のスチームがなくなった

1~2分作業を中断し、ボイラー内にスチームが溜まるまで待ってください。

【原因】スチームレバーがロックされている

ロックを解除してください。

【原因 1】作業開始直後や中断から再開直後で、スチームホースに湯がたまっている

スチームホース内の湯を布などに向けて排出してください。

【原因 2】規定量以上にボイラーに給水している

本体が冷めるのを待って安全バルブを開け、規定量以下まで水を捨ててください。

【原因3】[SC 3]作業開始直後や中断からの再開直後、または新しいスケール除去カートリッジを取り付けた直後である

スチームレバーをしばらく握り続けてください。スチームが安定するまで30 秒以上かかります。

【原因 1】本体が十分に冷めていない

本体を1~4時間程度冷まし、それでも外れない場合は、一日おいてから取り外してください。

【原因 2】ボイラーに圧が残っている

電源を入れない状態でスチームバーを握り、ボイラー内の残圧を下げてください。

【原因】安全バルブがきつく閉まっている

力を入れて左に回してください。それでも外れない場合は、ご購入店またはケルヒャー ジャパンに修理を依頼してください。

※メンテナンスの申し込み方法はこちら

修理申し込み方法はこちら
定額修理料金表はこちら

【原因 1】安全バルブが閉まっていない

電源プラグを抜き、本体が冷めるのを待って安全バルブを閉めてください。

【原因 2】安全バルブのOリングが破損している

電源プラグを抜き、本体が冷めるのを待って安全バルブを外してください。
Oリングが破損・摩耗(ヒビ割れ等)や欠損している場合は、新しいOリングを取り付けてください。
※Oリング購入については、ご購入店、お近くの当社製品取扱い店、当社お問い合わせ窓口に直接お問い合わせください。

当社お問い合わせ窓口はこちら
安全バルブ用Oリングの購入はこちら(ケルヒャー公式 楽天市場店に移動します)

【原因】本体内部で不具合が発生している

ご購入店またはケルヒャー ジャパンに修理を依頼してください。

修理申し込み方法はこちら

定額修理料金表はこちら

【原因 1】電源プラグがコンセントに差し込まれていない

電源プラグをコンセントに差し込んでください。

【原因 2】本体のセンサーが作動している

ご購入店またはケルヒャー ジャパンに修理を依頼してください。

修理申し込み方法はこちら

定額修理料金表はこちら

【原因】本体の制御装置が働いている、または内部が損傷している

販売店またはケルヒャー ジャパンに修理を依頼してください。

修理申し込み方法はこちら

定額修理料金表はこちら

【原因】接続部分のOリングが硬化、または損傷している

接続が固い場合は水をつけるとスムーズに接続できます。Oリングが硬化または損傷している場合は交換してください。
※Oリング購入については、ご購入店、お近くの当社製品取扱い店、当社お問い合わせ窓口に直接お問い合わせください。

当社お問い合わせ窓口はこちら

【原因1】交換時期が迫っている

スケール除去カートリッジを交換し、使用時間をリセットしてください。

【原因2】スケール除去カートリッジ交換後に、使用時間がリセットされていない

リセットボタンを4 秒以上長押しし、使用時間をリセットしてください。

【原因1】スケール除去カートリッジの交換時期が過ぎている

スケール除去カートリッジを交換し、使用時間をリセットしてください。

【原因2】スケール除去カートリッジ交換後に、使用時間がリセットされていない

リセットボタンを4 秒以上長押しし、使用時間をリセットしてください。

お問い合わせ前に上記Q&Aをご確認ください