Loading

屋外イベント マルチクリーナー OC 3で清掃・片付けが簡単に

屋外イベントを運営する企業
屋外でのイベント運営時、設備や備品の洗浄はバケツと雑巾を使用し、こすり洗いで汚れを落としていましたが手間と労力がかかっていました。今回は、飲食イベント運営時にOC 3で洗浄を行いました。
客席テーブル
テーブルの台数が多く、雑巾で拭いたりすすいだりするのに時間がかかっていました。しかしOC 3を使えば、水圧で汚れを吹き飛ばすだけで清掃が完了。清掃時間は1/2以下に短縮されました。
洗浄前 洗浄前
洗浄中 洗浄中
洗浄後 洗浄後
ごみ箱
お客様の食べ残し、飲み残しがごみ箱側面や床面にこぼれ、雑巾での清掃では足りずバケツの水で流していましたが、OC 3を使うと汚れが気になる部分にサッと使えるので、会場美観の維持につながりました。
洗浄前 洗浄前
洗浄中 洗浄中
洗浄後 洗浄後
台車
食材搬入などに使用する台車の洗浄方法が分からず、汚れが蓄積された状態でした。今回、適度な水圧が均一にかかるOC 3のおかげで、荷台やタイヤなど全体の汚れをしっかり洗浄。台車を車に積む時も、汚れを気にせず積載できるようになりました。
洗浄前 洗浄前
洗浄中 洗浄中
洗浄後 洗浄後
ブース内養生シート
外気で汚れが溜まりやすいうえ凹凸がある素材で、拭き掃除では汚れが落ちきれませんでした。しかも内側の網戸や窓の汚れは洗浄する方法がない状態でした。しかしOC 3なら、シャッターの外側から内側の網戸、窓ガラス、サッシレールにいたるまでものの30秒で一発洗浄! 隣近所への音や水ハネも気にならず、短時間で洗浄できるので忙しい朝の出勤前にも洗浄できました。
洗浄前 洗浄前
洗浄中 洗浄中
仮設ごみ集積所
仮設のため洗浄する方法がなく、これまでは汚れた集積所を放置していたためごみ捨てのマナー低下の一因になっていました。今回は汚れが気になったらOC 3の給水タンクにサッと水を入れてすぐに洗浄できたので、集積所がきれいに保たれ、来場者のごみ捨てマナーの向上につながりました。
洗浄前 洗浄前
洗浄中 洗浄中
洗浄後 洗浄後
社有自転車
社用車は洗浄方法や洗浄担当がルール化されておらず、気になったら各自汚れを拭いていました。今回の導入を機に、自転車置き場にOC 3を設置し毎週金曜に洗車することをルール化。洗浄はガンを握るだけのため苦にならず、洗浄も短時間で終了。洗浄担当者は楽しみながら洗浄を行っています。
洗浄前 洗浄前
洗浄中 洗浄中

そのほか気づいたこと

OC 3はイベント会場に1台あると便利です。また客席テーブルは、OC 3で洗浄した後、窓用クリーナーWV1で吸水すると、濡れ拭きも乾拭きも不要になって便利でした。

他のモニターレポートを見る

幼稚園

ホライゾンジャパン インターナショナルスクール 仙台 (幼稚部)

園児が遊ぶ遊具や園内の共有部分等を、雑巾やデッキブラシ、ケルヒャーの高圧洗浄機等を使用して清掃していました。今回、OC 3を試して、雑巾・デッキブラシでの清掃および高圧洗浄機との違いを確認しました。

詳しくはこちら >
お掃除大好き主婦

お掃除大好き主婦

掃除用具が大好きな主婦です。日常の汚れを清掃する際、雑巾、ブラシ、掃除機の他、スチームクリーナーや高圧洗浄機も使っています。今回はOC 3の特長を活かした家の中での使用アイデアをご紹介します。

詳しくはこちら >
幼稚園

小野さん アウトドアショップ勤務

アウトドアショップに勤務し、普段からトレッキングやキャンプ、ロードバイクなどを楽しんでいる小野さん。屋外で激しく汚れたアウトドアの道具は、これまでブラシやスポンジで水洗いをしていましたが、OC 3を使ってみて、汚れ落としの手間は大幅に削減されました。

詳しくはこちら >
お掃除大好き主婦

野尻さん アウトドアショップ勤務

職業柄、日頃から登山やマウンテンバイク、SUPなどのアクティビティに親しんでいる野尻さん。OC 3の活用は、そこで使用した道具の汚れ落としに大きな効果をもたらしました。また、アウトドア以外にも多方面でOC 3を活用し、暮らしの中に役立つ便利な利用法を発見しました。

詳しくはこちら >
イベント業

フラワーショップ 店舗運営

仕事の中で水をよく使うフラワーショップ。商品や使用する道具等の洗浄にも水道やジョウロに移した水を使用していましたが、水圧が弱く汚れが落ちきらないこともありました。そうした汚れに効果を発揮したのがOC 3です。日常的な業務のちょっとした不便が解消され、洗浄がより快適になりました。

詳しくはこちら >
幼稚園

マウンテンバイクレーサー

家族3人でマウンテンバイクレースに参加しているSさんご一家。レース後は自転車3台の泥や草などの汚れを落とす必要がありますが、会場の洗車機や水道は数が少なく、汚れたまま10分以上順番待ちをすることも…。そこでこれまでは20リットルの水タンクを持参し、ブラシなどで手洗いをしていました。今回は近くに水源や電源がなくても使えるOC 3を会場に持ち込み、レース後の会場で汚れ落としを行いました。

詳しくはこちら >
お掃除大好き主婦

釣り歴25年 鎌田さん

趣味が海釣りで、週末には釣り道具を携え海に出かけるという鎌田さん。釣りを楽しんだ後、海水や釣った魚のヌメリなどで汚れてしまった道具は、これまで自宅に持ち帰り散水シャワーノズルや自宅浴室のシャワーを使用して洗浄していました。水源や電源がない海への持ち運びが可能なOC 3を使用してみて、釣りの楽しんだその場で道具を洗える利便性や、汎用性のある使い勝手の良さなどから、「釣り道具のメンテナンスにはOC 3がぴったり」と実感しました。

詳しくはこちら >
イベント業

SUP(サップ)インストラクター

SUPインストラクター「tachikogiya」の加藤さん。SUPはここ数年で人気が上昇している水上スポーツで、ボードの上に立ちパドルを漕いで水面を進むアクティビティです。SUPに行く際は、車にペットボトルやポリタンクなどに水を貯めて洗浄していました。海ではたくさんの海水と砂が付着するため、たくさんの水を持ち込んでいましたが、適度な水圧のOC 3を持ち運ぶようになり、アウトドアシーンでの活躍を実感しました。

詳しくはこちら >