Loading

マウンテンバイク マルチクリーナー OC 3で泥汚れが簡単にキレイに

マウンテンバイクレーサー
家族3人でマウンテンバイクレースに参加しているSさんご一家。レース後は自転車3台の泥や草などの汚れを落とす必要がありますが、会場の洗車機や水道は数が少なく、汚れたまま10分以上順番待ちをすることも…。そこでこれまでは20リットルの水タンクを持参し、ブラシなどで手洗いをしていました。今回は近くに水源や電源がなくても使えるOC 3を会場に持ち込み、レース後の会場で汚れ落としを行いました。
マウンテンバイク車体
これまでは洗車時にタンクを抱えながら水を出す必要があるため、重くて洗いたい場所に水がかけられないなど非常に不便でした。また、サドルの裏やギヤなど細かい場所に泥が残り、帰宅後もう一度洗車する必要がありました。今回使ったOC 3は非常にコンパクトですが思った以上の水圧で、ブラシを使うことなく泥汚れを落とすことができました。ホースやトリガーガンも軽量&コンパクトで、片手でペダルをまわしながらの洗浄ができました。
洗浄前 洗浄前
ギヤの中に入り込んだ泥汚れも水圧で一気に吹き飛ばせる ギヤの中に入り込んだ泥汚れも水圧で一気に吹き飛ばせる
洗浄後 洗浄後
自転車用シューズ
レース使用後のシューズは、水タンクの容量不足や水道の長い順番待ちの関係で、汚れたまま持ち帰ることが多く、靴についた泥で車内を汚すのが悩みでした。また水道で洗えても、そのまま履いて車に戻るまでに汚れてしまう場合もあり不便でした。OC 3があると車の近くでシューズが洗えるので、着替えの後に汚れを落とせ便利でした。また水圧もあり、靴底やクリート(止め具)の間の泥もブラシなしで一気に洗い流すことができました。
駐車場の車に戻り、靴を履き替えてから汚れたシューズを洗浄する 駐車場の車に戻り、靴を履き替えてから汚れたシューズを洗浄する
洗浄中 洗浄中

洗浄後 洗浄後
自転車用ヘルメット
シューズ同様、自転車の車体を優先して洗うため、ヘルメットの洗浄は後回しにして自宅で行ったり、洗えてもそのままかぶって駐車場に移動するため服が濡れてしまう場合がありました。今回は車の近くでOC 3が使えたので、着替えの後に汚れを落とすことができました。またヘルメットが飛ばないちょうど良い水圧で、非常に使いやすかったです。
洗浄前 洗浄前
汚れはしっかり落とせるものの、ヘルメット自体が飛ばないちょうど良い水圧で洗浄できる 汚れはしっかり落とせるものの、ヘルメット自体が飛ばないちょうど良い水圧で洗浄できる
洗浄後 洗浄後
子どもの体
レースの後は着替えのみで帰宅する場合が多く、特に雨天レースの後は手足などがきれいに洗えず不快なまま2時間以上の移動が必要でした。今回OC 3を使ってみて、コンパクトで軽量なので子どもの手でも使用することができ、適度な水圧で手足についた泥などの汚れを楽に落とすことができました。また、ウェアは帰宅後に洗濯機で洗うため、なるべく土などの汚れを落としていきたいので、ウェアの洗浄にも非常に便利でした。
洗浄前 洗浄前
洗浄中 洗浄中
グローブも手もOC 3の洗浄でピカピカに! グローブも手もOC 3の洗浄でピカピカに!
ジュニアマウンテンバイク車体
レース後は親子3台のマウンテンバイクを私1人で洗車することが多く、とても時間がかかっていました。今回、軽量で子どもでも扱えるOC 3を導入したおかげで、子どもが自分の自転車を洗車することもできるようになり、時間の短縮につながりました。水を補給すれば3台以上の洗車が可能なので、非常に便利です。
洗浄前 洗浄前
洗浄中 洗浄中
洗浄後 洗浄後

そのほか気づいたこと

汚れの度合いによっては洗浄の時に水を多く使う場合があるので、オプションなどでOC 3に付属できる大容量タンクがあると、より使いやすいと感じました。

他のモニターレポートを見る

幼稚園

ホライゾンジャパン インターナショナルスクール 仙台 (幼稚部)

園児が遊ぶ遊具や園内の共有部分等を、雑巾やデッキブラシ、ケルヒャーの高圧洗浄機等を使用して清掃していました。今回、OC 3を試して、雑巾・デッキブラシでの清掃および高圧洗浄機との違いを確認しました。

詳しくはこちら >
お掃除大好き主婦

お掃除大好き主婦

掃除用具が大好きな主婦です。日常の汚れを清掃する際、雑巾、ブラシ、掃除機の他、スチームクリーナーや高圧洗浄機も使っています。今回はOC 3の特長を活かした家の中での使用アイデアをご紹介します。

詳しくはこちら >
イベント業

屋外イベントを運営する企業

屋外でのイベント運営時、設備や備品の洗浄はバケツと雑巾を使用し、こすり洗いで汚れを落としていましたが手間と労力がかかっていました。今回は、飲食イベント運営時にOC 3で洗浄を行いました。

詳しくはこちら >
幼稚園

小野さん アウトドアショップ勤務

アウトドアショップに勤務し、普段からトレッキングやキャンプ、ロードバイクなどを楽しんでいる小野さん。屋外で激しく汚れたアウトドアの道具は、これまでブラシやスポンジで水洗いをしていましたが、OC 3を使ってみて、汚れ落としの手間は大幅に削減されました。

詳しくはこちら >
お掃除大好き主婦

野尻さん アウトドアショップ勤務

職業柄、日頃から登山やマウンテンバイク、SUPなどのアクティビティに親しんでいる野尻さん。OC 3の活用は、そこで使用した道具の汚れ落としに大きな効果をもたらしました。また、アウトドア以外にも多方面でOC 3を活用し、暮らしの中に役立つ便利な利用法を発見しました。

詳しくはこちら >
イベント業

フラワーショップ 店舗運営

仕事の中で水をよく使うフラワーショップ。商品や使用する道具等の洗浄にも水道やジョウロに移した水を使用していましたが、水圧が弱く汚れが落ちきらないこともありました。そうした汚れに効果を発揮したのがOC 3です。日常的な業務のちょっとした不便が解消され、洗浄がより快適になりました。

詳しくはこちら >
お掃除大好き主婦

釣り歴25年 鎌田さん

趣味が海釣りで、週末には釣り道具を携え海に出かけるという鎌田さん。釣りを楽しんだ後、海水や釣った魚のヌメリなどで汚れてしまった道具は、これまで自宅に持ち帰り散水シャワーノズルや自宅浴室のシャワーを使用して洗浄していました。水源や電源がない海への持ち運びが可能なOC 3を使用してみて、釣りの楽しんだその場で道具を洗える利便性や、汎用性のある使い勝手の良さなどから、「釣り道具のメンテナンスにはOC 3がぴったり」と実感しました。

詳しくはこちら >
イベント業

SUP(サップ)インストラクター

SUPインストラクター「tachikogiya」の加藤さん。SUPはここ数年で人気が上昇している水上スポーツで、ボードの上に立ちパドルを漕いで水面を進むアクティビティです。SUPに行く際は、車にペットボトルやポリタンクなどに水を貯めて洗浄していました。海ではたくさんの海水と砂が付着するため、たくさんの水を持ち込んでいましたが、適度な水圧のOC 3を持ち運ぶようになり、アウトドアシーンでの活躍を実感しました。

詳しくはこちら >