Loading
[ニュースレター登録募集中]ケルヒャーからのお知らせやお得な情報をメルマガでお届けします!
Kärcher
Kärcher
SC 2 プレミアム 15120460 https://www.kaercher.com/jp/home-garden/steam-cleaners/sc-2-premium-white-jp-ktc-15120460.html 高温のスチームが頑固な汚れを浮かして落とす、ケルヒャーのスチームクリーナーです。洗剤を使わず汚れを落とします。ボイラー式のため高温のスチームを安定して噴霧できるので、衛生面の心配な場所の掃除にぴったり! SC 2 プレミアムは清潔感のある白色で、使いやすいデザインが特徴です。 油汚れ、浴室内の頑固な汚れやキッチンの汚れなどの清掃に最適。 ※家電量販店取扱商品
Kärcher 26784 JPY

スチームクリーナー SC 2 プレミアム

高温のスチームが頑固な汚れを浮かして落とす、ケルヒャーのスチームクリーナーです。洗剤を使わず汚れを落とします。ボイラー式のため高温のスチームを安定して噴霧できるので、衛生面の心配な場所の掃除にぴったり! SC 2 プレミアムは清潔感のある白色で、使いやすいデザインが特徴です。 油汚れ、浴室内の頑固な汚れやキッチンの汚れなどの清掃に最適。 ※家電量販店取扱商品

注文番号: 1.512-046.0

高温のスチームが頑固な汚れを浮かして落とす、ケルヒャーのスチームクリーナーです。洗剤を使わず汚れを落とします。ボイラー式のため高温のスチームを安定して噴霧できるので、衛生面の心配な場所の掃除にぴったり! SC 2 プレミアムは清潔感のある白色で、使いやすいデザインが特徴です。 油汚れ、浴室内の頑固な汚れやキッチンの汚れなどの清掃に最適。窓、シャワールーム、ガラス、水道周り、タイル、コンロの汚れなどにも。
※家電量販店取扱商品

<パワフルなケルヒャースチームでスッキリ!>
ケルヒャーのスチームクリーナーは本格的なボイラー式を採用しています。
ボイラー式スチームクリーナーはパネル式に比べて、蒸気(スチーム)を安定して作ることができます。さらに、ケルヒャーのスチームクリーナーなら、高温(ボイラー内部で約143℃、吐出口で約100℃)の蒸気を圧縮して噴射します。
だから、安定した温度と圧力のスチームがたまった汚れもしっかり落とします!
スチーム連続噴射時間:約30分

<いろいろな場所のお掃除に>
標準装備のアクセサリーが豊富なので、いろいろな場所が簡単にお掃除できます。
清掃場所の一例:リビングやキッチンの床の汚れ、浴室のカビ、換気扇などのキッチンまわりの油汚れ

<小回りのきく新設計フロアノズル>
新しいフロアノズルは清掃幅約24cm(従来品と比べ約6cmコンパクト)と、日本の住宅事情に最適なサイズになりました。また、フロアノズルの角度がフレキシブルに変えられるので、家具のスキマのお掃除も楽々です。

製品仕様

製品スペック

清掃面積(給水タンク満水で清掃できる面積) (m²) 75
消費電力 (W) 1500
スチーム吐出圧力 (MPa) 0.32
電源コード (m) 4
ヒートアップタイム (分) 6
ボイラータンク容量 (L) 1
電源 (V/Hz) 100 / 50 - 60
本体質量(アクセサリー除く) (kg) 2.9
寸法(長さ×幅×高さ) (mm) 380 x 254 x 260

標準装備アクセサリー&製品機能

  • ロック機能付きスチームボタン搭載
  • 安全バルブ
  • フロアノズル, 小回りがきいて使いやすいフレキシブルフロアノズル
  • アクセサリーバッグ
  • フロアノズル用クロス(マイクロファイバー), 2 個
  • ハンドブラシ用マイクロファイバーカバー, 2 個
  • RM 511 ボイラー洗浄剤(スケール除去剤)スティックタイプ
  • 本体にアクセサリー収納ホルダーあり
  • ホース一体型ヘッド, 2 m
  • ノズルヘッド
  • ハンドブラシ
  • スポットノズル
  • ブラシ(黒), 2 個
  • ブラシ(赤), 1 個
  • 取扱説明書
  • 本体側電源スイッチ
  • 延長パイプ(0.5m)2本

SC 2 プレミアムは、 1件のレビューによって、 5つ星のうち 2.0と 評価されています。
によって、 5つ星のうち 2 と評価されています。 如何なものかと思います 購入して一週間、みっちり使わせてもらいました。 家庭の清掃において「スチームで洗浄する」この提案はとても有効で画期的です。 洗剤で素材を変色させることもなく、ブラシなどの力技で素材を痛めることもなく、とてもクリーンに元の素材を蘇らせてくれる。なくてはならないアイテムです。 しかし一週間後、フロアノズルから、パーンと弾かれたような音がしたかと思ったら金属のバネとプラスチックの部品が、そのフロアノズルから飛び出したのです。 もう壊れたのかと思ってフロアノズルを観察すると、ホースとフロアノズルの接続が、なんと小さなビス留め一本だったのです。 構造的にとても貧弱。これでは壊れるはずです。ましてや圧縮された蒸気が高熱で流れていく場所です。ビスだって緩んできますよ当然。そしてかなり乱暴に扱われる先端箇所。それがこんな小さなビスのひとつで固定されていたとは驚きです。 もうひとつあります。 それはこのフロアノズルにつけるクロスですが、説明書をみるとことさら注意書きが多すぎて一抹の不安がよぎっていました。 そしてそれは実際使ってみてわかりました。 フロアノズルを横移動で使う分には問題ありません。しかしこれを前後、つまり掃除機のように前後させながら使用すると、つけたクロスは伸びてしまい、うまく拭き取れない状況になるのです。「クロスの付け方のコツ」という項目はだから全く無駄。やったってできっこない。いくらきっちり張っても熱と水で伸びてしまうのですから。なぜハンドブラシ用のクロスのように「ノズル全体を覆う」というクロスにしなかったのか。 ドイツの車に乗ってるけど、それはそれで不具合も多いです。現在も。 似たようなもんを買ってしまった。 まあ長い目で付き合うわ。自分でネジ締めて。
投稿日: 2018-11-15
  • y_2019, m_8, d_15, h_3
  • bvseo_bulk, prod_bvrr, vn_bulk_2.0.13
  • cp_1, bvpage1
  • co_hasreviews, tv_0, tr_1
  • loc_ja_JP, sid_15120460, prod, sort_[SortEntry(order=SUBMISSION_TIME, direction=DESCENDING)]
  • clientName_kaercher
  • bvseo_sdk, p_sdk, 2.4.0.0
  • CLOUD, getContent, 35.95ms
  • REVIEWS, PRODUCT
スチームクリーナーで除菌・カビ対策!油汚れも簡単スッキリ!